ティンシャとガネーシュヒマール軍団。

念願かなってティンシャを購入しました。

ティンシャ(チベタンベル)とはチベット仏教に

多く用いられている伝統的な法具です。

別名『ラマシンバル』とも言われており、仏様に

願いを届ける法具として使用されます。

瞑想の終了を告げる音としても使われている

とのこと。

チーンと鳴らすと波紋が広がるように美しい

金属音が響き渡り(倍音)、その澄んだ清らか

音色は驚異的な余韻を残します。

自分のオーラフィールドや天然石、空間の浄化

用としても活躍できるアイテムです。

ティンシャが放つ音色には、「1/fゆらぎ」という

心音や川のせせらぎ、 木の葉が風にそよぐ音

などと同じ波長が含まれおります。

ヒマラヤでは主に場の浄化、瞑想から覚める際

に使われているそうです。

両手に一つずつぶら下げて持ち、ぶつけて鳴ら

すか、片方をぶら下げ、もう片方を直接持ち、

それをぶつけて鳴らします。

精神的にとても良い癒しの効果があるとされて

います。

魂に染み渡るような静寂の中に自分が「いま、

ここに私がいる」ことを確認させてくれるような

心の落ち着きを取り戻させてくれます。

一度、機会があれば、その澄み渡るティンシャ

の音色を味わってください。

勿論、画像に写っているガネーシュヒマールの

水晶もティンシャで浄化してあげました。

クリスタルも清々しさの中に身を置き、喜んで

いたことは、言うまでもありません。

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

What's New!

 

*イベント等のご案内に

       関しましては、

  メニューの「News!」

    欄をご参照ください。

 

 

 

お問合わせはこちらから