ルドラクシャ。。

<ルドラクシャ>    5ムキ・ネックレス(左)                   4ムキ・ペンダントトップ(右)
<ルドラクシャ>    5ムキ・ネックレス(左)                   4ムキ・ペンダントトップ(右)

ルドラクシャとは、ヒンディー語で「菩提樹の実」。

シヴァ神が生命あるものすべての幸福の為に、何年も瞑想をし続け、

その最中、彼らの苦しみを理解し救済したいと思う強い願望・祈りから

少しだけ目を開けたシヴァ神の目から熱い涙の粒が大地に流れ落ち、

その涙が落下した場所にルドラクシャの木が育って実った果実が

ルドラクシャであると言われています。

このようにして誕生したルドラクシャにシヴァ神の力が宿り、人々は

ルドラクシャに宿る力の恩恵を受ける事が出来る様になったとのこと。

ルドラクシャはヒンドゥー教のシヴァ神と深い関係にあり、その力が

宿っているとも云われており、神聖なものとして大切にされてきました。
ルドラクシャの実を数珠にして祈りの際に使用したり、祭壇に安置

したりと人々の生活に密着した聖樹の実・・それがルドラクシャです。

 

また、サンスクリット語でシヴァ神を指す「ルドラ(RUDRA)」、目や涙を

指すアクシャ(ASHKA)」その二つが並びルドラクシャといわれること

から、「シヴァの涙」「シヴァの目」などという名も持ちあわせております。

 

古くから、ルドラクシャを人々が身に着けてるのは、心身の健康の為と、
過去・現在・未来のカルマ(業)を焼き尽くすと言われることから、シヴァ

神やシャクティの力によって、この人生を歩む上での恐れが無くし、

宗教的な目的を達成させる為と意味をもっているのです。

 

ルドラクシャにはムキと呼ばれる溝(筋)のような線が入っております。
そのムキと呼ばれる本数によって、それぞれ意味を持っており支配する

神も違うと言われています。
一般的に5本が多く(95%は5ムキといわれている)、1本から32本など

様々存在し、また、稀に、二つの実がくっついているものやガネーシャの

ような形状のルドラクシャも存在します。

 

ルドラクシャの意味説明で長くなりましたが、

かねてよりルドラクシャに興味がありながらも、実物のルドラクシャを手に取る機会が無く混沌とした

思いを抱いていたところ、お世話になっているヒーラーさんと、そのヒーラーさんがお取引をされて

いるお店のオーナーの方が二人共同でのギャラリー展を新潟で開催する運びとなり、そこで、念願

のルドラクシャと対面することが出来ました。

 

単なる「菩提樹の実」と思うことなかれ!ルドラクシャを侮ってはいけません。

凄く素敵なんです!小さな実とはいえ、あの渋さや荘厳さを皆さんにご理解いただきたいです。(笑)

ギャラリー展で商品として置かれていたルドラクシャは、シャーマン(祈祷師)使用のアンティーク物で、

超レアもの。

本物のシャーマン使用のアンティーク・ルドラクシャを取り扱っているお店は、日本では稀有とのこと。

そのお店でしか滅多にお目にかかれないルドラクシャがいくつも、そこに置かれているんですよ!

 

そりゃー、買うしかないでしょ!と気に入ったネックレスのルドラクシャ(5ムキ)を購入。

ルドラクシャを装着するその魅力に完敗ですよ!(笑)

身に付けると、気持ちが落ち着いて手放せない状態になってしまい、もう、「いつでもどこでもルドラクシャ

と共に!」との気持ちがムクムクと・・もう抑えることが出来ませんでした。

で、後日、お風呂以外は身に付けていられるペンダントトップのものを購入しに再度、ギャラリー展に赴き

ました。

そのペンダントトップが”4ムキ”!!エネルギー的に、こちらの方が私にはシックリ来て愛用してます。

さて、4ムキのルドラクシャは、どの神様と繋がっており、どういう意味あいを持っていると思いますか?

それは、教えなーい!!(笑)

でも、この子が、私のところに来た必然性に納得しました。

 

付け加えて申しますと、そのオーナーさん曰く、ルドラクシャをして眠ると、変な夢を見なくなるわよ・・と。

お陰さまで、本当に、辛い夢や悲しい夢は見なくなりました。これ、凄くないですか?

 

もし、こちらのルドラクシャにご興味を抱かれた方は、東京の自由が丘にあります「ヒマラヤン・パサル」

さんの店舗を覗いてくださいませ。

http://himalayan-pasal.com



 

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

What's New!

 

*イベント等のご案内に

       関しましては、

  メニューの「News!」

    欄をご参照ください。

 

 

 

お問合わせはこちらから